レコーディングのご紹介

無料レコーディングシステム【即レコ改】

スタジオABRではYAMAHAの即レコairを改良し、簡易マルチトラックレコーディングを可能にしております。

入力には【ALLEN&HEATHのQu-16】を使い、高品質なレコーディングが可能です。

Aスタジオ常設・無料でご利用可能です。

設置済みマイク及びチャンネル:
ch1~ch5:マイク1~5
ch6:ベース
ch7:ギター1
ch8:ギター2
ch9:エレアコ等フォン入力
ch10:キック
ch11:スネア
ch12:ハイタム
ch13:ロータム
ch14:フロアタム
ch15:OH-L
ch16:OH-R
ch17:鍵盤系(モノラル)
ch19+20:ライン入力(RCAステレオ)
注:マイク及びチャンネルは変更できません。
アップロードされる音源は2mixデータです。
マルチトラックデータではありません。

使い方はこちらをご覧ください

オーディオインターフェースとして

即レコ用のQu-16はオーディオインターフェースとしてもご利用可能です。

USBケーブルが出ておりますので、ご自身のPCに接続してご利用ください。

Windwosドライバはこちらからダウンロードできます。
Macではドライバは必要ありません。

入力チャンネルは即レコと同じです。
ご自身のDAWでマルチトラックの録音ができます。

注:マイク及びチャンネルは変更できません。

モニター出力は21~22チャンネルとなります。
出力を21/22チャンネルに設定してください。
PAミキサーの【Qu-16モニター】に出力されています。
DAWの使用法等はサポートできません。

エンジニア付き本格レコーディング

即レコ入力をDAWに接続し、エンジニア付きの本格レコーディングを行います。


4時間パック:20000円
6時間パック:25000円
8時間パック:30000円
パック時間にミックス・マスタリングも含まれます。

エンジニアは同スタジオ内で作業を行います。
詳しくは直接お問い合わせください。

即レコの使用方法

まずは通常のバンド練習の準備をしましょう。

ボーカルマイクはマイク1~5へ入力します。

ギターは使用するアンプの前にギター1~2のマイクを立てます。

鍵盤系はミキサー横に掛かっている鍵盤系入力のシールドを使います。

その他は準備できていますのでそのままで大丈夫です。

通常の練習ができる状態にミキサーを調整しましょう。

①即レコシステムの電源を入れます。

Qu-16即レコミキサーの電源を入れます。

②ミキサーを初期化します。

ミキサーの【SCENES】ボタンを押します。

画面上の【Recall】ボタンを押します。

【Yes】ボタンを押します。

これで即レコミキサーの初期化は完了です。

③即レコシステムにログインします。

スタジオ内に即レコカードが置いてあります。
お客様専用のカードになり、繰り返し使えます。

画面上の【ログイン】ボタンを押します。

撮影モードになりますので、
即レコカードのQRコードを読み込ませます。
撮影モードでご自身が写らない場合は「カメラ切替」を押してください。

録音画面が出たら即レコシステムの準備は完了です。

④ミュートを外しましょう。

Qu-16で録音する楽器のミュートを外しましょう。
録音する楽器のチャンネル↑の赤いボタンが消灯すればミュート解除となります。

鍵盤系・ライン入力はレイヤーを切り替えてください。

※:使用しないチャンネルのミュートを解除すると、余計な音で雑音が増えてしまいます。

⑤録音してみましょう。

即レコシステムの【録音】ボタンを押します。

すぐに録音が開始されますので演奏を開始してください。

演奏が終わったら停止を押します。

これで録音は完了です。
再生ボタンで今録った音源を聞くことが出来ます。
ミキサーの「即レコ再生」チャンネルをONにしフェーダーを上げると
録音した音源が聞けます。

再生が終わったら画面が元にもどります。
音源に問題なければ「ログアウト」して終了となります。

録音する楽器のバランスを整える場合は
即レコミキサーのフェーダーで調整します。
上げたり下げたりしてお好みに調整してください。

音源は即レコ視聴アプリを使って、
いつでもどこでも聞くことが出来ます。
アプリの使用方法などはヤマハ即レコサイトをご覧ください。
https://www.sokureko24.jp/